BLOG

裏方として、業界として
伝えたいことそのままに

  1. HOME
  2. ブログ
  3. レース
  4. 4/24-25 ツール・ド・かつらお に「Avenir Yamanashi Yamanakakoフルメンバー参戦」

4/24-25 ツール・ド・かつらお に「Avenir Yamanashi Yamanakakoフルメンバー参戦」

ツール・ド・ふくしま第1戦 葛尾村で開催される
「第7回福島民報杯〜ツール・ド・かつらお2days」
https://tour-de-fukushima.jp/event/2021-tour-de-katsurao/

今シーズンに新たに発足した地域密着型サイクリングチーム「Avenir Yamanashi Yamanakako」がクラス1にフルメンバーで参戦

水野恭兵(32)
Tom BOSSIS(27)
下島将輝(28)
岩田聖矢(18)※中央大学
風間竜太(20)※法政大学
瀬戸口瑛(18)※AC Cusset

那須ブラーゼンに続き、地域密着型チームがかつらおに参戦です。

先日のシクロワイアード記事より抜粋
https://www.cyclowired.jp/news/node/342857

今シーズンより、子供たちの育成だけでなく国内レースを走るプロチームとしての活動を本格始動することに。チームが掲げる理念は「地域密着型チーム」と「世界的育成型チーム」という2つ。「地域密着型チーム」という理念に関しては、従来の活動であった地元の子供たちへのスクール活動を軸としつつ、独自のレースイベントを開催することで、山梨における自転車文化の醸成やロードレースの認知向上を狙っていく。

一方の「世界的育成型チーム」というコンセプトは、世界トップレベルを目指すことが自転車文化の発展に寄与するという考えのもと、ロードレースの本場であるフランスとの交流を図り、そこで走ることができる選手の育成を通じて競技レベルの底上げを狙っていくという。

チーム監督はフランスのトップレースを経験してきたトム・ボシスが務める一方、プレイングGMとしてキナンや那須ブラ―ゼンに所属し、海外レースの経験も豊富な水野恭兵が就任し、国内レースを走っていく。

関連記事