BLOG

裏方として、業界として
伝えたいことそのままに

  1. HOME
  2. ブログ
  3. サイクリング
  4. レンタルサイクル拠点 磐梯熱海温泉 湯koriさん宿泊レポート

レンタルサイクル拠点 磐梯熱海温泉 湯koriさん宿泊レポート

先日、典型的な行政のNGパターンについて記載した記事
https://link-tohoku.co.jp/inawashiro-inaichi-20200712/

貸出場所となるお宿、湯koriさんがとても気になったので実際に泊まってみました。

目指せ猪苗代湖1周!ロードバイク無料貸出スタート!
https://fukuraya.jp/yukori/389/

自転車乗りなら「違和感にすぐ気づく」と思いますが、クイックの位置がおかしいので宿の方は自転車乗りではないことがわかります。そしてロードバイクと言われましたがタイヤが40Cくらいのいわゆるグラベルでロードバイクではありません。レンタルサイクルを実施するなら、パンクや機材対応できることが最低限必要ですが、現時点では残念ながら難しい状況でした。

と、自転車のことはさておき

湯koriさん、外観はよくある古いさびれた旅館です。改修前だったら男性でも泊まるかな?女性ならばほぼ間違いなく好んでは泊まらないレベルです。しかし、玄関から見えるところがかけるお金を最小限にしながらも、見栄えをきっちり整えていて、古い旅館を再生する「改修参考例」と言えるとても良いつくりになっていました。

日帰り入浴500円、そこにビール付きプラン、大広間使えるプランなど各種ニーズに合わせた使い方ができるようになっています。

入り口すぐ横に飲食・バースペース アサヒやキリンが多い中ビールはサッポロ。日本酒もお酒好きな方のツボを押さえたラインナップ。

宿泊者には乾杯ミニビールがつき、その間に館内の説明を受けます。時間を無駄にしない良いシステムだと思います。

見えるところはきれいに改修してあり、コワーキングスペースも併設とか(階段下で使いにくい感じでしたがお風呂に入ってお仕事もというのは今後の新しいスタイルだと思います)
最近では必須条件となるWi-Fi整備状況もつながりやすさ・速度共に充分でした。

こういった体験調査をする時に男性1人で言ってはいけません。必ず女性目線のチェックも必要です。

サイクリングコースで言えば、上級者の意見は二の次でよくて(自己解決できますし、地元に落ちるお金もコンビニで飲み物か、せいぜいランチ程度)、家族で小学生と一緒に走る想定や、なんとか50㎞~60km走れるかも?くらいの方が困らないようにすることが最優先と一緒で、男性の意見より、女性が清潔・きれいかと感じるかが宿の良さとしては優先されると考えています。

お風呂を調べてもらいましたが、女性お風呂はロッカーやお風呂内もきれいに改修されていて(そこはしっかり湯koriさん対応済)男性の方は天井よごれや着替え場所にひび割れなどもありましたが、男性ならば気にならない程度。洗面器もケロリンとツボをしっかり抑えています(笑)

肝心なお風呂の泉質はなめらかなアルカリ性で温泉に入ったという感じがします。1回入浴500円で、温度も熱くもなく小さな子連れでも入れる程度です(通常温泉は小さな子供は熱くてはいれません)上がったあともしばらく入浴効果が持続する感じでよかったです。

普通、温泉宿というと定番のお膳ですが、温泉ゲストハウスということで旅館のお膳ごはんはありません。保存が効き手軽に作れるメニューを各種。当日はタコライス、ロコモコ、サンドイッチ、うどん(4種類)3人で、4種類を頂きましたがどれも大変おいしかったです。バースペースがお食事場所「夜のお値段で700円」ランチだと500円とさらにお得。宿泊の機会がない我々地元の自転車乗りは「途中の飲食場所」として使うことをおすすめします。近くに足湯もありますしね。

宿泊した部屋は和室でしたが、1つだけとてもがっかりだったのは「お布団」が、ホームセンターで臨時宿泊セット(掛け・敷き・まくら込みで5980円程度)といった状況でとても「体を休める」という感じではありませんでしたので、ここだけは要改善だと思います。自転車乗りが泊まる場合は基本的に疲れを癒したいわけですから。

はじめて宿泊しましたが、古い旅館をとても上手に改修していると思います。古い旅館を再生する模範例になると思いますので、リノベーション関係の方はぜひ一度お泊りを考えてみてください。スタッフの皆さんも若く、対応も丁寧で、お食事も大変おいしいです。

自転車のことは、まだよくわからない状況だと思います。しかし、猪苗代湖一周レンタルサイクルスタートということで湯koriさんの責任者は、お客様にお貸出しする前に自分で試さなきゃいけないと実際に走行(この実際に試した行動が何より大切でして)今後課題をひとつひとつ解決し、自転車乗りにとっても良い環境を作ってくれるお宿だと思います。ぜひ一度湯koriさんお立ち寄りください。

湯koriさんウェブサイト
https://fukuraya.jp/yukori/

関連記事